• 立体駐車場のメーカーが集まる駐車場工業会立

    • 駐車場工業会立は機械式駐車装置の安全性などの審査や認定を通してその機会式駐車場の普及にむけて活動している公益社団法人です。
      その正会員にはメーカー31社、賛助会員にはメーカー10社の立体駐車場の主なメーカーが名を連ねています。

      立体駐車場のメーカーの知識を持つことが重要です。

      立体駐車場には駐車している自動車の上にもう一台駐車させる駐車効率を高める「二段方式・多段方式」、自動車を駐車させる複数の機械を垂直面内に円形などに配置し連続循環させる「垂直循環方式」、循環の形状によって円形循環と箱型循環がある「多層循環方式」、垂直循環方式をレベルアップさせ車路を省いて収容台数を増やした「水平循環方式」があります。



      また、エレベータ機能を使った、自動車を格納する駐車室と自動車商工装置を組み合わせ立体駐車場にする「エレベーター方式」、エレベータ方式の昇降装置に走行機能を付加した「エレベータ・スライド方式」、平面に自動車を格納する「平面往復方式」、車路の一部に相当し自動車を駐車させる階まで人を乗せて昇降し運搬する「自動車専用エレベータ」などもあります。

      機械式のパーキングは昭和4年(1929年)に垂直循環方式の原型となる装置を発明した角利吉氏が「自動車車庫」として特許出願をしたのが最初の発明となります。しかし当時はそもそも車の台数が少ないく、わざわざ立体駐車場にすることにメリットがなく実用化にはいたっていません。



      車社会となった現代、駐車スペースの確保ができるのはこの発明があったおかげだといえます。

  • 駐車場についての考察

    • 認定駐車場に関する基礎知識

      認定駐車場と言いますのは、構造あるいは耐火といった建築基準を充たしていると国土交通大臣サイドから承認されているものです。欠かすことができない機能が保証されていることから、建築基準が軽減されているのが特色になります。...

  • 駐車場コラム

    • 国が認定する駐車場の主な特徴

      何の問題もなくユーザーが利用することができる様に作られているのが国が認定する駐車場といえます。認定された駐車場は国土交通大臣が認証しているものであり建造物の主要な構造部分、あるいは定められた防火設備が一定基準を充たしているものにのみ供与されます。...

  • 駐車場の事柄・駐車場関係の情報

    • 駐車場で認定を受けることになるメリットと留意点

      認定駐車場と言いますのは、建物という形で整備されているパーキングのうち、構造並びに防火のための設備などに於いて、法令を基準にして決められた一定レベルを充足しているとして、国土交通大臣サイドより認められているものを意味します。法令上、耐火建築物とみなされますので、耐火被覆の措置が要らず、防火区画を設定することも必要なくなり、防火シャッターといった防火のための設備は一部が不必要、あるいは簡易なものをセッティングするだけで済みます。...

    • 認定駐車場を建設して管理運営するポイント

      駐車場という形で管理されている場所が存在しますが、どこにでもあるような家屋の場合、家の敷地内に備わっていることが多く、アパート等のケースでは、建造物に接して備え付けられていることが一般的と言えます。こうした種類の場合では、平らな所で屋外に装備されていて、支障なく利用できますそして、現代社会には、いわゆる認定駐車場というものもあります。...