• 認定駐車場に関する基礎知識

    認定駐車場と言いますのは、構造あるいは耐火といった建築基準を充たしていると国土交通大臣サイドから承認されているものです。

    いろいろな認定の駐車場情報は必ず役に立ちます。

    欠かすことができない機能が保証されていることから、建築基準が軽減されているのが特色になります。

    耐火性が備わっている建物として取扱われるため、本来なら強いられる耐火被覆を実施することが義務付けられません。
    同等の理由より防災区画の簡易化もでき、消防のための設備も簡易化することが出来るため、それらに求められるコストの削減あるいは工事のための期間短縮などのアドバンテージがあります。同一敷地内の建造物からの距離に関しても3mから5m以上引き離すように指定されていることから、土地の広さにおいても制限がかかりますが、認定駐車場でしたら1m以上の距離があるのであれば、設置できるので非常に狭い土地でも組み込みやすいという利点があります。
    ただし、新たに認定駐車場を準備しようとした場合、第三者評価機関に対して性能の評価をしてもらって、大臣に対して申請しなければいけないので許可されるまで数か月かかるためその分だけ費用がかかることがウィークポイントになるので気を付けなければなりません。



    こうしたデメリットに対して、製造メーカーではもうすでに認定されている駐車場を商品として扱っているところがあることから、これを有効に活用すると賢明でしょう。



    5層6段までであれば準備されていますから導入することができます。